2017/1009月« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
★Admin

スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑

小さい子

[dog]だだちゃ | 2012.10.11.Thu
伊勢・おはらい町の『五十鈴川カフェ』で。



隣のテーブルの幼児が、
だだちゃんを、猛烈、いじくりまわす!!!

このくらいの幼児は、
好奇心満タン、コワイモノ知らず。
なんで、
ガンガン寄ってくるのは、普通のこと。

でも。
親が普通じゃなかった。
両親共に、知らん顔。
・・・おいおい。
全然知らん大型犬に手出して、かまれたら、どうするん?

だだちゃんは、噛みはしない。(たぶんな。)
でも、
幼児、あまりにもやりたい放題。
たたいたり、つついたり、ひっぱったり、なでたり。

 もちろん、意地悪してるんじゃない。
 ただただ、珍しいんだと思う。


こんなおチビにたたかれたって、
だだちゃん、痛くもかゆくもない。
それはそうだけど、しつこすぎて、ウザイ。

だだちゃん、もともと、スキンシップ嫌いだし。

 カイヌシからだって、逃げるんだから~~。
 それって、ど~よ?ええ?


だから、
うなったり、吠えたりすると困るし、
なめても困るし、

 あんなとこやこんなとこ、なめてる舌だしぃ~。

逃げようと、動き回られても困る。


こっちが、ハラハラだよ~~っ。

ところが、だね。

だだちゃん、不動。
フリーズしてる訳じゃなくて、

 だだちゃんは、恐怖がピークに来るとフリーズする。

あきらかに、
我慢しとるのだ。
ときどき、
困った目でこっちを見るが、
動きはしない。
耳引っぱられても、
ヒゲ引っぱられても ← アタシが切るときは怒るじゃないかっ!
鼻押されても、
じっと我慢のコ。

あらららら~。
だだちゃん、この幼児が幼児だって認識しているんだ。
自分より幼い存在で、
だから何しても大目に見てやらねばならんって、
わかってるんだ。

そんなの教えたことないのにねえ。
普段の生活見てても、優しい子だとは思えない。
(意地悪だってわけではない)

不思議だね。
どうやって見分けてるんだろ。

体の大きさじゃない。

河原で出会った、同い年の超小型犬と遊んだときは、
手加減ゼロだったもん。

種の違う、ニンゲンの幼児。
それでも、ちゃ~んと、見分けられる。

すごいねえ、生物って。
なんか、ちょっと感動したよ。




<<お知らせ | ホームへ | 下呂温泉>>
コメント
だだちゃんかしこかったね☆
私の祖父は脳梗塞後、左半身が不自由でしたが、うちのゴルも、なんだかわかってるんだなーって感じの関わり方していました
ワンコってすごいですよね☆
【2012/10/11 21:35】 | まちこ #- | [edit]
またまたお久しぶりどす~^^
だだちゃん、偉い~っ。
こういうことって教わることじゃないし、
ちゃんと見分けられるのは、だだちゃんだからですよ~。
これが本当のだだちゃんの姿なんですよ~。ママさんには心底甘えられるからね^^

だだちゃん、お留守番、頑張れ~!

【2012/10/11 22:06】 | ばうちゃん #.AYtJOiU | [edit]
初めまして。Pちゃんのころからの読み逃げです。
7歳のラブ男子と人間の息子2人(ローニン一年と高2g)がおります。
います、います!こういう親!ゴールデンの性質を知っていてのことなのか、無関心なのか読めない親。
ほんと、困ります。っていうか、私ははっきり言っちゃいます。(うちのワンコが困ってるっていうのがわかるなら)
ある程度は撫でさせてやりますが、「そうやってひっぱるのはやめてね~」とちょっと聞いただけでは穏やかそうな言葉使いでも、目は怒っている!(と、次男は言います)
もし、わかってくれそうにないガキなら露骨にワンコと自分の場所を入れ替わる!

子供はいますが、どんな子もみんな大好き!っていうおばさんではないので・・。(笑)

皆がワンコ好きではないように、女だからって皆子供好きじゃないのですよね!
子供でもやっていいこと悪いこと教えるのが大人ってもんですよ。
だだちゃんが我慢強い子だったからいいけど、カプっといっちゃったら、どんなに向こうが理不尽なことしても、こっちが悪くなっちゃうんだし!

うちは「撫でていいですか?」って飼い主に聞いてから触らせてもらえと息子たちをしつけました。だって、だまってうちのワンコいじくられるのイヤですもん。

すみません。いきなりのコメントで長くなりました。

・・多分P太郎ママさんとは同い歳~な私です♪
【2012/10/12 09:03】 | あみちゃん #- | [edit]
こんにちは♪
だだちゃま…何て!!何て!!偉い!!おばさん感動しちゃったよー。
ちっちゃい子は可愛いけど親がそれじゃ…ねぇ(-_-;)
だだちゃまー、良い男になったわヾ(¬。¬ )
【2012/10/12 11:12】 | 北のおばん #- | [edit]
ずっと以前にカキコミさせていただきました。(毎日欠かさず見ております)

我が家の5歳のゴールデンと3歳のラブも日ごろはとても優秀なワンコとはいいがたい子たちですが、孫(人間です・笑)の4歳の子と赤ちゃんが遊びに来ると素晴らしく良いワンコに変身します。

ゴールデン(40キロ)のリードを4歳の子に持たせてもけして引っ張りません。
ラブに子供が乗ってもじっとしています。

赤ちゃんがその辺にころがっていてもそばをそっと通ります。

本当におりこうさんです。
犬種によるのかも知れませんが、相手によって接し方をかえられるんだ~と思います。

でも、とっても緊張しているみたいで、孫たちが帰った後は爆睡です(笑)

だだちゃん、偉かったね!
疲れたでしょ!

【2012/10/12 16:33】 | MAMARIN #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/10/12 21:56】 | # | [edit]
ワンコは赤ちゃんや幼児に優しい子が多いですね^^
うちの犬はテリアで見知らぬ人に触られるのが嫌いで、いつもスルリと避けますが、赤ちゃんや幼児が触りたくっても我慢します。
6歳くらいの子には怒っていたので、何歳までがOKなのか見極めるのが難しいです。
【2012/10/14 00:37】 | みにゃこ #- | [edit]
だだちゃん、偉かったね~。^^
ウチのワンは11キロでちっちゃくて、大人しい部類の犬ですが、私も小さい子供さんが寄ってきたら、かなり緊張しますね。 犬の調子?機嫌が良さそうなら、背中のみを触ってもらいますが、「おねえちゃん、ごめんね。ワンちゃんが噛んじゃたったら危ないから、もっと大きくなったら一緒に遊んでね!^^」とそのまんまを、満天の笑顔で伝え(オバちゃんのひきつつった笑い顔ともいう・・・)バィ~バィ~♪と手を振りその場を離れまする。
 もし噛んだらウチの犬は保健所送りになるしね。アブナイ、アブナイ。
【2012/10/14 09:23】 | さとこ #- | [edit]
★まちこさん
おお~、すごいですね。
やっぱりわかるんですね。そういえば、昔、近所にいた黒ラブさんも、爺さんが散歩に連れて行くときは(爺さんが連れってってもらっていた?)、亀のようなノロノロ歩きでした。
べつに、そういう訓練をうけたわけでもない、ごく普通の飼い犬だったのに。
いいですね、ワンコ。
ニンゲンの相棒ですね~。
【2012/10/17 09:26】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ばうちゃん
う~ん、本当の姿・・・。
どうなんだろう。
そんないい姿持っているなら、かくさないで、いつも出していてくれ~~!
でも、ほんとうに我慢していました。
エライ、エライ。
【2012/10/17 09:28】 | P太郎ママ #- | [edit]
★あみちゃんさん
はじめまして~。
ようこそいらっしゃいました。
そうそう!
この親は、完全に無関心だった・・・と思います。
だって、ケータイいじったりしてるんだもん。
幼児は、まだようやく歩き出したような、オムツもとれてない幼児です。
犬がいようといまいと、目を離すのがおかしい。
私も、普段は、こういう危険な赤ん坊からは、さっさと離れます。
社会経験は積ませたいので(だだちゃんに。赤ん坊はどうでもええ~)、ちょっと触ってもらうのは、大歓迎なんだけど、親の監視のもとでお願いしたいです。
このときは、他に席がなかったうえ、テーブルもすぐ近くで、逃げようがなかったんです。
親の代わりに、私がず~っと監視していたので、全然休憩した気がしない・・・ブ~。

「触ってもいいですか」この一言、大事ですよね。
なにより、子ども自身の安全のために。
【2012/10/17 09:35】 | P太郎ママ #- | [edit]
★北のおばんさん
よい男・・・・?????
その時だけね。
今は、また元通りだけど。
どゆこと?
【2012/10/17 09:36】 | P太郎ママ #- | [edit]
★MAMARINさん
2人ともイイコたちですね~。(あ、犬です笑)
赤ちゃんと一緒に暮らしている犬たちは、みんなそうなのかもしれないですね。
というより、犬がそういう性質を持っているからこそ、イヌとニンゲンは、一緒に暮らせるんでしょうね。
生活のルールを教えるのは、しつけだけど、幼い者を守ろうとする気持ちは、やはり本能のように思いました。
(だって、ほんとに教えたことなんてないんだもん~)
もちろん、ニンゲンのことが好き、という気持ちのある犬でなくちゃダメかもしれませんが。
う~ん、やっぱり、犬っていいな。
【2012/10/17 10:23】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Mさん
子どもは、きゃーきゃー叫ぶし、意味不明の行動するし、動きが速いし。
たいていの犬は、子どもが嫌いですよね~。
大型犬に手を出させる親は、少ないんですけどね。
止めさせるのが普通です。
その時の態度によっては、それはそれで、かちんと来ることがあります。
「触ったらアカン!かまれるよっ!」みたいな。
かむかい、そんな不味そうなガキ!
でもまあ、イケイケどんどんで来られるよりは、マシ。
かまないだろうけど、絶対とは言えないし。
何かあったら困るし。
何もなくても、邪魔くさいし。
社会勉強のために(だだちゃんの)、寄ってきたガキには、ちゃんと対応することにはしとりますが。
【2012/10/17 20:00】 | P太郎ママ #- | [edit]
★みにゃこさん
そうなんですよ~!
境目がよくわからん。
だだちゃんも、怖がりなので、きゃーきゃーうるさいガキんちょは、苦手。
だから、この幼児を我慢していたのには、ビックリ。
たぶん、幼稚園くらいの子は、もうアウトだと思う。
小学校も高学年くらいだと、だだちゃん的には、もう子どもじゃないみたいだし。
でも、種を超えて、年齢というか、成長段階みたいなの、感じ取れるんでしょうね。
不思議だわ~。
【2012/10/17 20:03】 | P太郎ママ #- | [edit]
★さとこさん
大型犬は、親の方が引くから、あまり心配する場面はないんですけどね~。
こんな幼児を放置する親は、ちょっと珍しいですもんね。
意外と邪魔くさいのは、親の監視下にない小学生くらいかも。
優しく言ったくらいじゃ聞かないガキ、けっこういますよね。
そういうのには、ワタシは、ツケツケ言います。おほほほほ。
【2012/10/17 20:05】 | P太郎ママ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ptaro.blog28.fc2.com/tb.php/1718-4266ea55
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。