2017/1009月« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
★Admin

スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑

最期のこと

[dog]P太郎 | 2010.12.27.Mon
Pちゃんがいなくなってしまってから、
ものすごく長い時間がたったような気がする。
今数えてみたら、まだ4日しかたっていない。
それとも、もう4日もたってしまった、なのだろうか。

Pちゃんの最期のことを書いておこうと思う。

22日の記事(パーフェクト)に
『もう強制的に何かをするつもりはない』と書いたが、
ウソだった。
Pちゃんの意識がもうろうとしてきて、
もう、水も飲んでくれず、
目は開いていても、私たちを見てくれなくなったとき、
耐えられなくなった。

このままでは、逝ってしまう。
永久に手が届かなくなってしまう。

「苦しませるだけだから」と反対するとーさんを押し切って、
往診を頼んだ。
点滴とか、酸素吸入とか、注射とか、なんでもいい。
Pちゃんを、引き止めて。
どんな形でもいいから、
苦しがっていてもいいから、
こっちにいさせて。
逝かせないで。

Pちゃんは、点滴を打たれた。
今なら、わかる。
獣医だって、無駄だとわかっていただろう。
ただ、カイヌシを、いや、私を満足させるためだけに、
Pちゃんによけいな苦しみを与えた。

点滴後もPちゃんの様子に変わるところはなく、
荒い息をついて、
ただ、ただ横たわり、
その日の夜、日付が変わる頃、
こほっと、空気を吐き出すような咳をした。

私が、Pちゃんの背中をさすると、
はっきりと目を開けて、私を見た。
さっきまでの、開いているだけのうつろな目でなく、
きちんと私をわかって、私を、見た。

そして。
それが、最期だった。


優しい、目だった。
なにもかもを受け入れた、目だった。


とーさんは、Pちゃんに
「もう、いいよ。逝ってもいいよ。」と言ったそうだ。
私は、私のためにすがりついた。
とーさんは、Pちゃんのために手放した。

いつもいつも世話するのは私だったのに、
Pちゃんは、とーさんっ子だった。
当然だ。
Pちゃんには、ちゃんとわかっていたのだ。

それでも。
そんなかーさんでも。
Pちゃんは、許してくれたと思う。
自己弁護でなく、そう思う。
それほど、優しい、優しい目だった。

結局、
Pちゃんから、どれほどたくさんを もらったろう。

別れは、こんなにもつらいけど、
会えてよかった。
一緒に過ごせて、ほんとうに、よかった。

ありがとう、Pちゃん。

ありがとう。





もう、こうした泣き言を書くのは、これっきりにしようと思う。

悲しい気持ちは、消えはしない。
時がたっても、
きっと、今ほど、ヒリヒリしなくなるだけで
胸の底の方に、いつも、静かにあるのだろう。

でも、それを、
ことさらに、言い立てる必要は、ない。
別れを経験した人なら、みんなが知っている思いなのだから。

心配してくれたみんな、ありがとう。
毎日メールや電話をくれる温かい人たちとのつながりもPちゃんが残してくれたもの。
大事にせんとね。


この次、記事をUPするときは、
Pちゃんの楽しい思い出。
・・・たぶん。


<<あれからのこと | ホームへ | 小さくなってしまいました>>
コメント
ん。

母さんの好きにしたらいいと思う。
自分のブログなんだから。

言いたいこと、書きたいこと
書けばいいと思う。

毎日、気持ちがかわってもいいと思う。

すべて大好きなPちゃんのことなのだから。
何でも書いたらいいと思う。

よ。
【2010/12/27 17:46】 | ちこ #8k04Lhow | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/27 17:46】 | # | [edit]
Pママ 眠れていますか? 食事はしていますか?

涙は決して涸れません。
心にポッカリ開いた穴も埋まらない。
でもね心の穴は、そこがあの子たちの場所なのだと。
私はそう思っています。

逢いたくて、逢いたくて、こんなに逢いたいのに
逢えない。
お互いの住む世界が違ってしまった
そのことを今とても強く感じています。

でもね、必ずまた逢えると信じて
その日を静かに待っています。

Pママ、だから眠って、休んで、力をつけて下さいね。
【2010/12/27 18:22】 | あゆむ #BqEwgRj. | [edit]
Pママさん つらいね… 苦しいね…
どこかが壊れそうで、すわっていられなくて… 白くまみたいにウロウロしたこと思い出します。何もしてあげられないし、何の慰めにもならないけど、気持ちだけは寄り添わせて下さい。
【2010/12/27 18:32】 | KHママ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/27 18:32】 | # | [edit]
Pママ~Pちゃんにはきっと気持ち通じていたと思う。
泣き言でもなんでも言ってね。いえば楽になることもあるし、私もその時にはPママにたくさんな泣きたいこと言うと思うよ。無理しないでね。
Pたんが心配するよ。Pママ~元気出してね。
【2010/12/27 18:52】 | ベンのママ #5B3mG4aQ | [edit]
優しいPママさん・パパさんに出会えたPちゃんは幸せですね(^-^)

愛しすぎて離したくなかったママさんの気持ち…わかります

Pちゃんを苦しませたくなかったからこそ、逝ってもいいよって言ったパパさんの気持ち…考えるだけで涙が流れてきます


ママさん・パパさん、ゆっくりでいいです。元気になって下さいね(^-^)Pちゃんもそう願ってると思います
【2010/12/27 18:53】 | だいmama #- | [edit]
うちもね。
最期の時さえアレックスがなくなるなんて思ってもみなかって
獣医もここまで来て診察を受けに来るとは思っていなかった様でお家でゆっくりさせてあげて下さいと言われた。
獣医からの帰り
押し車に押されて帰る途中アレックスはかたんと肩を落としたのでもの凄くびっくりした。
帰ってからこれから介護やなあと思いいつソファベッドに寝かせてからあっという間に逝ってしまった。
私の介護は2時間で終わった。

みんなそんなもんやで。
分かっている様で分かってないねん。
だって行って欲しくないもん。
その思いはしょうがない。
きっとPちゃんも分かってる。
どれだけかあさんが自分の事を思ってくれたか。
どれだけ沢山見ててくれたか一杯分かってる。
だから最期にかあさんの事を見たんや。

泣き言はええやん。
沢山聞きたいわ。
私4年経ちますけどまだゆうてるで。
どんだけ時間が経ったって消えるもんではないんやし。
吐き出してやっとやっとや。

ブログやめんとってや。
【2010/12/27 19:17】 | おさる #/tLTQnTI | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/27 19:39】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/27 19:42】 | # | [edit]
ブログを拝見し、うちのパムの最期を思い出しました。
全く同じ思いでした。
息が止まりそうなパフに必死で人工呼吸をし、胸を押しました。
行っちゃだめって叫びながら
無駄なことは十分分っていたはずです。
そして、魂が口から抜け出すように
息がとまりました。
まだ、8歳でした。
突然死です。
悔しかった。
助けられなかった自分が許せなかった。今でも許せません。

だからずっとPちゃんとママを応援してました。
長生きできたPちゃん。
毎日毎日を大切にPちゃんと生きたママさん。
Pちゃんとっても幸せだと思います。
 
Pちゃん、パムに会ったら
「ママ、パムがいっぱい、いっぱい
好きだよ、大好きだよ」
って伝えてね



【2010/12/27 19:56】 | パフのんママ #- | [edit]
そっか、点滴してもらったんだ。
Pちゃんさ、ママを許すとか許さないとかそんな事思ってないんじゃない。
ママがPちゃんの為にしてくれた。
それをはっきり分かってる。
それだけだよ。
パパとママの表現方法が違っただけ。

でさ、泣き言もどんどん書いて良いじゃん。
Pママが思うように。
悲しかったら悲しいって。
楽しい思い出で心がいっぱいの時は楽しい事を。
どうも無理してもダメみたいだよ。
だって宝物なんだからさ。


【2010/12/27 20:05】 | ミア #SVqLzQOU | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/27 20:09】 | # | [edit]
Pママさん

Pパパさんの“もういいよ”というのも愛なら、ママさんの“逝かないで”というも愛だと思う。
男性と女性、普段のお互いの在り方や、それぞれの性格等あるんですもんね。

PさんもPママさんがどれほど支えてくれていたかわかっていたし、パパさんは、ママさんよりも離れている分だけ、Pさんとの関係もお互いに自立していたのかもしれない。

ママさんが、それでも自分のことを振り返って冷静に考えているのは、Pさんのことを本当に考えているからだと思います。
自分勝手な人なら、反省なんかしませんよ。

でも、何より、ママさんの魅力は、人間的なところだと思います。本音で語り、一生懸命で、みんなの心を打つのだと思います。

ママさんのことPさんパパさんも、ここに来るみんなが好きだから。

楽しいママさんも悲しいママさんも辛いママさんも、全部好きです。

今は、辛いと思いますが・・・ゆっくり、ご自愛ください。

【2010/12/27 20:15】 | ウエンディポンのママ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/27 20:57】 | # | [edit]
Pママさん

本当に本当に辛かったんですね。悲しかったんですね。

今は、思いっきり泣いてくださいね。

押しつけがましいこと先程書いてしまいましたが、Pママさんは今本当に悲しいんだから、今はそのまま、ご自愛くださいね。

言いたいことは、何でも言ってくださいね。
【2010/12/27 20:58】 | ウエンディポンのママ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/27 21:51】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/27 22:47】 | # | [edit]
ママさん、無理しちゃダメです。
強がってもダメ。
私も「もう泣き言を書くのは・・・」といいながら、自分の首を絞めるようで、辛かったです。
ゴンの闘病ブログにこっそり泣き言書いて吐き出しました。
書くことで心が浄化されることもあると思います。
どうぞ、書きたいだけ書いたほうが・・・
【2010/12/27 23:11】 | ゆか #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/27 23:16】 | # | [edit]
わかりすぎるほど、わかってしまいます。
Pちゃんは、許すとかそんなじゃなく、ただただ、ママの事とパパの事が大好きで大好きで仕方なかったと思う。
最後の目は、大好き!っていう目だったと思う。
私は、半年経ってもブログで泣き言いっちゃう。泣きながらアポロの事書くと、少し楽になるんだよね。
普段は結構引き出しにしまってる感じで、意外と泣けなくて。書いて泣くと、楽になる。
無理しないでね、Pママ。
【2010/12/27 23:32】 | すみ #4E4.PPqE | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 00:01】 | # | [edit]
愛している大切な存在に「逝かないで」と望むことは当然だと思います。

私だってきっと同じようにします。
無駄だと解っていても、出来る事のすべてをやりたい。どんなことをしても命を繋ぎ止めたい。奇跡を最期まで信じたい。


ママさん、悲しい時は思い切り悲しんで下さい。
辛かったら泣き言も書いて下さい。

毎日ここを訪れ、Pちゃんの笑顔に、ママさんの文章に笑わされ癒されてきたんです。元気をもらってきたんです。

Pちゃんを亡くして、悲しい気持ちは皆同じ。
分かち合えたら嬉しいです。
【2010/12/28 00:12】 | eco #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 00:27】 | # | [edit]
Pちゃんは何度も奇跡を起こしてるからPママの『奇跡』の気持ちが強くなったのかもね。

当たり前。
逝って欲しくないって気持ちは。
アタシは病院へは連れて行かなかったけど、逝って欲しくないって強く思ったよ。

アタシもね、ブログは笑えるブログでありたいと思ってたんだけど、実際はそうばっかりじゃないね。

泣き事いっぱい。
特にこの数年は。

Pちゃんに対する泣き言は誰も嫌な思いしないよ。
みんながPちゃんのこと大好きなんだもん。
みんなが悲しい思いもしてるよ。
哀しみを少しでも共有したい気持ちもあるよ。

ラナが逝った時、Pママからの電話、嬉しかった。
ありがとう。
アタシは何もできなくてごめんね。
Pママの哀しみが深すぎてどうしていいのかわからないんだ。
ホントにごめんね。
【2010/12/28 00:44】 | ばせ子 #FLjOQirY | [edit]
生みの母親と育ての母親が子供の両腕を引っ張って取り合った話を思い出しました。

手放したパパと引き止めたママ
どちらが正解とかじゃない
【愛】があったからの決断

これから後悔や反省やらの思いが必ず出てくるけれど、くよくよしないで次に迎えるワンちゃんの為にいかして欲しいです

もうワンコは飼わないと思っていた私も二代目ゴールデンを迎えてわちゃわちゃの日々です

いつの間にか名前を呼び間違えなくなって、写真を見ても泣かなくなって、頭に浮かぶのは真っ先に今のワンコの顔になって・・・


いい意味で忘れて行くもんだなぁ~と
感じています
【2010/12/28 01:11】 | ヒロ #- | [edit]
ことさらに、言い立ててもいいと思う。
バディキュンの大好きなPママは、
その時の気持ちを、正直に素直に
書いちゃうところなんだよ。。。

この悲しみは、絶対に消えないし、薄れるはずないし。
毎日泣いてもいいと思う。
同時に楽しい想い出に笑うこともあるんだから。
分かってくれる仲間がたくさん居るんだから。
【2010/12/28 01:14】 | バディキュン #C4d39hMk | [edit]
ご無沙汰してます。
ツイッターで知り合った人から、Pたんちょっと悪いけど頑張ってるよって聞きました。
Pたんが虹の橋を渡ったって今日Apimamaから聞きました。
Pたんお疲れ様でした。よく頑張ったな!Pママもお疲れ様。
わしもビーちゃんの最期は「ビーちゃん、もうええでぇ~、よく頑張ったなぁ~、ありがとう!」って言ったらすぅ~っと息が止まりました。
冷たくなったビーちゃんと3日間一緒に寝ました。
Pママも辛いと思います。ほんまに悲しいことやと思います。
どうぞお身体をご自愛ください。
Pたんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
天国でビーちゃんと初対面して遊んでな!
【2010/12/28 02:39】 | エービー&パン@おっちゃん #XwFcNLco | [edit]
闘病を経て我が子を送った経験のある方々が、
私がPママに伝えたいことを表現してくださっています。
泣いたり笑ったり、それなりの時の経過が必要です。

どうか、ご自身の気持ちを押さえ込まないで下さい。
我慢しちゃいけません。
少しでもご自身に負担の掛からないよう、
思うように時をお過ごしください。

Pママの心にはPちゃんがいつも一緒にいます。
いつもの様に、ぷりちぃなPちゃんがいます。
Pママが笑顔でPちゃんを想う時、Pちゃんはもっと
もっとニコニコさんになれると思います。

【2010/12/28 08:14】 | ディディ #- | [edit]
Pちゃんの思い出を、泣きながら・・
笑いながら話せる日が、きっとくるでしょう。

いつも、そばにいるよ、
Pちゃんは、
【2010/12/28 08:48】 | Qの母 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 10:01】 | # | [edit]
わかるわかる、よくわかります。
Pママさんが受けとった思いは、Pちゃんからのメッセージそのものだったのだと思います。
きちんと伝わったのは、今までの絆以外のなにものでもないと思いますよ。

悲しみは何十年経っても消えません。
でも、それも何とかして飲み込んで生きていく。
ワンコを迎えるのって、ここまで大きなことなのだと感じました。
Pママさん、私はあのぷりち~なPちゃんのことを忘れませんからね!
幸せなご長寿、パーフェクトPちゃん、本当にありがとう!
【2010/12/28 10:14】 | ゆ~ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 10:26】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 10:39】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 11:16】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 11:37】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 12:07】 | # | [edit]
「病む時は世話をし
死をみとることを約束して
動物たちとくらすことを決めた
あなたたちがいるから  
ほほえむちとときをもらえた
あなたたちがいるから
言葉をこえたコミュニケーションの
存在を知った
あなたたちに
人間のおろかさも教えてもらった」

8歳の黒ラブ あとむママより
【2010/12/28 12:29】 | あとむまま #- | [edit]
Pママさん
無理は禁物です
泣きたいときは思い切り泣かないと
ダメです
自然と笑顔になれること。
それが大事です
旅立つ子は 残された者の心を少しずつ持って旅立ちます だから心満たされていますが
残されたものは心持っていかれているので 悲しくて当たり前、
今は心の思うまま、流されちゃって下さい
でも、しっかり食べて、しっかり眠ってくださいよ
ここはPちゃんを見習って!
【2010/12/28 12:44】 | クレバニの母 #- | [edit]
P太郎ママさん、もう泣きごとを書くのは、これっきり・・・もママさんの思った気持ちなんだよね。。
進もうと思ったり、止まったり、後戻りしたっていいじゃない。
それが普通。。まだまだそれでいいと思う。
私はまだ、経験ないからママさんの辛さわかる。。なんて言えないけど、
溢れる想いにフタをしちゃいけない!それだけは言えるかな。。
この間、やっぱり15歳のゴル(♂)を10月に見送ったという人とお散歩時、遭遇。。
りこを見て(いや、セルフタイマーで家族写真撮ってる時だったんだけど^^;)
その人、ニコニコ見ていて、動かなくてね。
私が声かける間もなく、もう、りこを抱きしめるように撫でて撫でて・・・
泣いてた。。ピンときてね・・・お話聞いたの。
Pちゃんの姿がないことが、どんなにか今ママさんにとって辛いかもうそれだけで私も胸がいっぱい。。あの存在感、ぬくもり、笑顔、悪戯、癒し(=イヤシも)もう全て、たまらなく愛しくてまた。。って思っても無理はない。。日々の生活の中に、大きくどんな時もどかっといてくれた(笑)Pちゃんだものね。
だからゆっくりゆっくりココロに正直に・・・素直に書いてもいいし、黙ってもいいじゃない。。ママさんの想うままに。
みんなわかってくれてるし、待ってくれる!
ご飯、食べて、寝て・・・空気入れ替えてね。。無理は禁物!
ほら、私も45歳だから、ココロにふたして無理したらメニエールになりそな今年の春でした。。それだけは気をつけてね、40代って侮れないのよね~ね、ママさん。
偉そうにごめんね。。ゆっくりね。。
【2010/12/28 13:56】 | りこママ #95MZykD6 | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 16:57】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 17:58】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/28 18:37】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/29 01:42】 | # | [edit]
来年の6月、P太郎君の16才の誕生日の翌日がMaryの8歳の誕生日です。(MaryはP太郎君の半分です)
一緒にお誕生日のお祝いを出来たらと思っていました。

今から7年半前、先代犬(Laura)は9歳10カ月で血管肉腫で逝ってしまいました。
前日までいつも通りで(と思っていたのは愚かな飼い主だけで本犬は苦しかったのかもしれません)朝、起き上がることができず、手術の末、帰って来ませんでした。
LauraはP太郎君と2歳違いでしたので、いつもP太郎君とLauraを重ねていました。
生きていたら、こんな様子なんだろうと。
今はMaryがいてくれるので、その時のかなしさを忘れつつあります。

明日は楽しみにしている木曜ゴールデンエッセイの日ですが、かわいいPちゃんの様子が見られないのが本当に残念です。
たくさん泣いて、涙を流してください。
読者のみんなはママさんがどれだけP太郎君を 愛していたのか分かっていますから。
寒さの折、ご自愛ください。
【2010/12/29 19:40】 | Mary母 #z6lHwMoE | [edit]
ご無沙汰しています。
もう5~6年前にらむママと同時期
遊びにこさせてもらっていたものです。
両親の事でいろいろありコメントしてませんでしたが遊びには来させてもらってました。
Pちゃんは永遠だからずっと忘れません。
愛情一杯のママさんのおうちの子だからいつも元気で大好きな事一杯出来たんですね。
http://uni-maisu.way-nifty.com/
の飼い主さんは自分の思い&思い出を綴って見えます。
とってもあったかいブログです。
P太郎ママさん、思いをたくさん
書いてくださいね。
これからも遊びにこさせてもらいますね。
くれぐれもご無理されずお体大切になさってくださいね。
【2010/12/29 19:49】 | まさちゃん #HfMzn2gY | [edit]
ママさん
お元気ですか?
まだまだ お辛いと思いますが
Pちゃんの初7日も過ぎた頃ではないでしょうか?
ここ数日 寒さが一段と厳しくなって来ました。
お体だけは大切になさって下さいね。

Pちゃんとの楽しい思い出も
ママさんの心の内も、どんな形でも構いませんので、ママさんが書きたくなったらUPして下さいね。
Pちゃんも 勿論 大好きですが
Pちゃんを愛してやまない
ママさんも大好きですよ!
【2010/12/29 20:35】 | #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/29 20:51】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/30 11:12】 | # | [edit]
Pちゃんママさん、ゆっくり休んでくださいね。
涙はいつまでも乾かないし忘れることもない…同じ気持ちです。
パパさんもご苦労さまでした。
【2010/12/30 15:04】 | すばるの相棒 #OaBoOaWY | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/30 23:55】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/30 23:56】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/31 08:39】 | # | [edit]
やはり、とうーさんの「逝ってもいいよ」」でしたか、最後は。
うちもそうでした。
もう十分頑張ったよ、の言葉でヘラは逝ったんだっけ。
寂しいでしょうけど、いっぱい泣いてあげるのも、Pたんへの供養だよね。
十分、体に気を付けてくださいね、パパとママ。
【2010/12/31 13:42】 | ヘラの母 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/31 17:06】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/31 18:48】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/31 21:48】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/31 22:07】 | # | [edit]
とってもご無沙汰してしまいましたm(_ _)m

Pちゃんのこと
拝読しお祈りしておりました。

ママさん…
泣き言、言ってください。
たくさん、言ってください。

ここに来る皆さんが
ママさんと一緒に泣いてくれます。

頑張らなくても
泣き言じゃなくて
思い出を言う日が来ます。
それまで
たくさん、たくさん
泣き言、言ってください。

お体を壊されませんように・・・。
【2011/01/01 00:56】 | ☆クール姉 #3m4C9JA6 | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/01 19:40】 | # | [edit]
こんばんは。

新しい年になりました。
Pママさん、パパさん風邪などひいていませんか?

ご自愛下さいませ。

【2011/01/01 22:42】 | ゆずみぃ #AzmySJ4g | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/02 10:05】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/03 12:27】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/03 15:15】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/04 01:25】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/04 12:09】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/04 21:26】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/05 10:20】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/06 07:08】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ptaro.blog28.fc2.com/tb.php/1393-7e4878d6
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。