2017/1009月« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
★Admin

スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑

犬本 犬と猫の栄養管理

[本]犬の本 | 2010.08.15.Sun
こんにちは、犬本収集マニアのP太郎ママです。

基本からよくわかる犬と猫の栄養管理

基本からよくわかる犬と猫の栄養管理

価格:5,880円(税込、送料別)



いちおしオススメの犬食事本。
この頃、犬のごはん本、どんどん新刊が出て、追いつけてない。
最近の特徴は、『難しく考えないゴハン』。
細かい数字にこだわらない。
ニンゲンのレシピ本みたいなおしゃれな装丁。

この本は、そ~ゆ~ステキ犬ごはん本とは、一線を画す。
数字、細かい、細かい。
エネルギー要求量の計算なんて、電卓必須だし。(関数とか)
栄養素の説明なんて、呪文かっ!?ってくらい意味不明だし。
(呪文例:シクロオキシゲナーゼ2列系プロスタグランディントロンボキンサンアラキドン酸20:44列系ロイトコリエン・・・・なんのこちゃ。)
完全に忘れちゃった(忘れたくて忘れた~♪)生物やら化学の教科書をほーふつとさせる、図やら化学式、亀の甲羅満載。

げげっ!
と、ここでさぶイボ立った人も、大勢いるでしょ。
アタシも、その仲間。
でもね。
わからなくてもいいから、おされレシピ本の根拠となっている知識、知っておきたいの。
○○には△△が効くんだって。
その根拠を知らずに、毎朝バナナ食ったり紅茶きのこ(←古い!)飲んだりするのは、イヤなのだ。

構成は
Ⅰ 基礎知識編 
 五大栄養素とその役割・栄養と栄養素
 エネルギーと食事の供給量・BCS・エネルギー
 食べさせてはいけない食品・食と健康の関係
Ⅱ 実践編 基
 ライフステージ別栄養管理
 (成犬・老犬・成長期など)
Ⅲ 実践編 応用
 疾患別栄養管理
皮膚疾患・アレルギー・尿路結石などなど。
もちろん、腎疾患も。
超大判本で8ページさいてある。非常に勉強になった。
その他、がん、肥満なども。
Ⅳ 番外編
 食品と医薬品の相互作用
 手作りフードについて
となっている。

レシピなんて、1行も載っていない。
いや、そもそも手作りごはんの本でもない。(ヒルズの療法食一覧があるし)
この本読んだって、それだけじゃ、実際のごはん作ることはできない。
だけど、とっても参考になった。
全部読んだわけじゃないけど。(たぶん、途中で意識がなくなる・・・)
あれ?っとおもったときに、取りだして調べられる。

毎日のニンゲンごはんがアバウトでOKなように、
犬ごはんもアバウトでOK。
でも、中高で家庭科の授業があったように
知識は、あったほうがいい。(完全に忘れたけど。)

ただし、この本には、重大な欠点がっ。
価格がえげつない・・・・
ええっ!ゼロひとつ余分じゃねっ?

気合いのある方、オススメします。

<<うるさい! | ホームへ | 夏の花>>
コメント
うーん。うーん。
すっごーく興味あるけど、多分買っても無駄だろうなぁ。私には。

私はおっしゃれなレシピ本はいりません。もりつけもどうでもいい。写真はいらない。

その中間ぐらいの本、ないですか?
本村先生の本をベースにやってるけど
もうすこしびしっと数字で出してくれないと、子犬育てには不安すぎる。
【2010/08/15 16:16】 | すみ #4E4.PPqE | [edit]
★すみさん
そう、そう!
おしゃれレシピ本も、最初に出たときは、やった~♪と思ったけどさ。
そう何冊もいるもんじゃないし。
そもそも、ニンゲンのレシピ本だって、ろくに持ってないし。
犬本集めるヒマあったら、ニンゲンの料理を勉強しろという声が・・・今、確かに聞こえた気がする・・・右隣から(オット)。
中間の本、ほんと、欲しいよね。
子犬だと、栄養が足りてるかどうかって、悩むだろうね。
アポロちゃんの時は、子犬の時は、ドライフードだったんでしょ?
うちもそう。
ちなみに、この本、子犬のエネルギー要求量の計算式も載っているよ。
よければコピー送ろうか。

【2010/08/15 22:45】 | P太郎ママ #- | [edit]
すごいね~!興味津々!!
でも、価格えげつなさすぎ~~っ!(笑)
そうなのよね、○○にはコレが効くっていうと、
つい実践しちゃうけど、その根拠までは深く考えなかったりする。
何となくこうだから?みたいな。
う~ん、勉強が足りんな~と反省。

探してみるよ、その本。
でも、勇気のいるお値段だよね~。やっぱり(笑)
【2010/08/15 23:05】 | ウっち&ミルママ #kKFqJh/. | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/08/16 06:16】 | # | [edit]
持ってるよ。わたしのテリトリーだもん。専門書にしたら装丁もカジュアルで読みやすい方ね。値段は部数の関係でどうしても割高。
【2010/08/16 06:49】 | まろまま #- | [edit]
一目見て「おおっ!」と思いましたが、二目には値段が…

でも、一生モンと考えたらそんなにお高くないかも??

びっきのご飯も私なりに気を遣っていましたが、宝すけはまっさらなので本気で考えないとな~と思っていました。(すでに皮膚がカイカイで怪しいし…)

現に、パピーはパピーでも、「大型犬用のパピーフード」じゃないと、骨が育つ前に体が育って関節の負担になりやすいとか!?う~ん。難しい!

給料がでたら本買いますっ!たぶん年内にはっ!(爆)



【2010/08/16 08:54】 | ゆ~ #- | [edit]
本のこと・・・
こんな本があったのですね。知りませんでした。

手作り食に関する本をネットでぽちっとして届くたびに『こんなおしゃれな写真集みたいな本がほしかったんじゃない』って思っていました。

で・・・ぽちっとしちゃったけど、お値段が~。

今月は『ペットの自然療法事典』(4300円也~!ヒマを見て今必死で読んでます)をぽちっとしたし、本代の出費が・・・

でも私もわからなくても知りたい人なので、本が届くのが楽しみです。

教えてくださってありがとうございました。
【2010/08/16 09:45】 | MARIN-MAMA #- | [edit]
違う分野での本マニアな私ですが、その本の値段にはちょっと目がテンになった。
それに近い値段の本は持っているんだが・・・。
DANには内緒なんだけど・・・。
う~~~~ん・・・今後のためにも気合い入れて某本屋でお取り寄せお願いしとこうかなぁ。もちろんDANには黙って・・・。
でもきっと途中で気絶するのは必至(滝汗)。
それでもPママが言うように知識はあった方が絶対いいよね。
【2010/08/16 11:01】 | しゃん #o/PXu/q6 | [edit]
★ウチミルママさん
2009年の発行だから、もうちょっと古いんだよね。
気づくのが遅かった。
だから、既に入手しにくくなっている。
なぜだか、アマゾンは最初から扱ってないみたいだし。
発行元のインターズー(interzoo)でも、通販しているみたい。
ここが一番確実かな?
この会社、ペット関連本(獣医関連本)をたくさん出してるみたい。
あれこれぽちっとしたくなったけど、どれもこれも、お値段がかわいくな~~~い!
【2010/08/17 09:24】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメさん
いえ、もとはといえば、私の記事に責任があります。
もしもいやな思いをさせてしまったなら、ごめんなさいね。
【2010/08/17 09:25】 | P太郎ママ #- | [edit]
★まろままさん
お~、さすがにお持ちなのですね。
中身もばっちり理解できちゃっているのでしょうねえ・・・。
アタシは、さっぱりちんぷんかんぷんです。
とりあえず、手元に置いておくだけ。

需要と供給だから、こんな値段になるんですかねえ。
えええっ!と2度くらい見直しちゃいましたよ。
【2010/08/17 09:28】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ゆ~さん
一生モノね・・・・どうだろう。
Pちゃんのゴハンを始めた頃の本は、今でも役に立っているから、大丈夫かな?
まあ、同じようなレシピ本を5冊買うよりは、これ1冊の方がいいかも。
ただね~~。
内容が理解できんのだ。
全部すらすら~~っとわかっちゃうなら、惜しくないんだけど。
ゆ~さん、勉強してレクチャーしてよ。まだ脳みそ新しいんだし。
頼むよ~~。
【2010/08/17 09:31】 | P太郎ママ #- | [edit]
★MARIN-MAMAさん
ふふふ。
じつは、そっちのほんも手元にあります。
だけど、そっちは、もう全然ダメ。
もともと、レメディもアロマもハーブも知識がないから、ハードルが高すぎた。
外国の本は、出てくる食材(この本だと植物)になじみがないし、単位も違うからわかりにくいし。
ただ、こちらは、分厚いから4300円しても、モトがとれた気はしますよね・・・・。
「犬と猫の・・・」のほうは、1センチくらいの厚さしかないの。
136ページ。
高いだろおっ!
【2010/08/17 09:35】 | P太郎ママ #- | [edit]
★しゃんさん
しゃんさんは、栄養学は専門でしょ?
じゃあ、絶対に理解できるよ。
この本は、専門家向けではないの。
難しいこと書いてあるけど、カイヌシ向けだと思う。
まあ、いいの。
わからんでも、手元にあるだけで安心できちゃうタイプなのよ・・・。
扱っている本屋さんは、少ないみたい。
アマゾンにはなかった。
だから、発行に気づけなかったのよ。
アタシ、いつもアマゾンでチェックしているから。
【2010/08/17 09:37】 | P太郎ママ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ptaro.blog28.fc2.com/tb.php/1272-6be33d74
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。