2017/0807月« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
★Admin

スポンサーサイト

スポンサー広告 | --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑

ぶ~ その後

[dog]P太郎 | 2010.05.10.Mon
こんにちは、ゴールデンレトリーバーのP太郎です。

検査センターに出していた血液検査の結果に、鼻血の原因はなかった。
さらに調べるには、画像診断。
レントゲンでわかることもあるが、できればCTで。
CTは、大学病院にある。(ここは腫瘍科もある)

で。
調べないことにした。

14歳を過ぎ、時々体調を崩すようになって、漠然と考えだしたことがある。
今腫瘍が見つかっても、手術は受けさせないだろう。
放射線治療をすることもないだろう。
抗ガン剤も飲ませたくない。

別に抗癌治療にギモンを感じているわけでも、否定しているのでもない。
西洋医学を信じているし。
手術や治療でガンを克服した人、身近に何人もいるし。
(みんなニンゲンだけど)
Pちゃんが12歳くらいまでは、絶対に積極的治療信奉者だった。

でもねえ。
15歳目前となると。
そして最近のPちゃんの爺ぶりを見てると。
理屈より何より、感情が拒否する。
メスも放射能も強すぎる薬も、いらん!
そんなモンを受け入れるほどの体力が、Pちゃんに残っているとは思えない。

なにより。
幸運にもガンに打ち勝ったとして、どれだけ延命できる?
1年?2年?3年?
3年たてば18歳だ。
見事ガンに打ち勝ち18歳を迎える大型犬。
・・・いなくもなかろうが、現実味は薄い。
まして、Pちゃんがそうなれるとは、ちょっと思えん。

1年くらいだったら。
ガン細胞も一緒に生きていけないかな。
別にやっつけなくてもさ。
みんなで仲良く。
甘いかな。

1
ピント合ってないけど、走ってるからお宝写真。

鼻血ブ~の12時間前のPちゃん。
もし、このPちゃんの中に腫瘍があるのなら。
それも含めてPちゃんだ。
退場しなくていいよ。
でも、急激にPちゃん元気細胞を征服してもらっても困る。
共存共栄。
どお?

という話を獣医で熱く語ったわけ。
(共存共栄の部分はナシで。そこまで語っちゃうとアホの烙印確実だし)
「はあ、ボクもそう思いますっ!」
獣医、やけに力強く言いおった。
・・・おい!
そこまで肯定されると、なんかフクザツ~ってか、ちょい腹立つ。
「15歳のゴールデンなんて、ボク初めてですよ」
・・・ううっ、この獣医不吉かも。

CT撮って、原因だけでも確定させた方がいいかと思ったんだけど。
治療のスタートとしてこそ意味があるとのことで。
そりゃそうかも。
何もしないなら、知ってもしょうがない。

・・・これって、治療放棄かなあ。
もしかして、取り返しのつかない決断をしちゃったんだろうか。
迷う心も、ある。
タイムマシンで、両方の結末を見てくることができたらいいのに。

いや、そもそも腫瘍とも限らないんだけど。
ただののぼせかも。(←それはない)

今後の様子によっても、また変わるかもしれない。
今時点での結論。

あ、もちろん。
痛みや不快を取り除くための努力はする。

2

こんな時間を、少しでも続けさせてやりたいもん。

<<老犬と老人 | ホームへ | 鼻血ぶー>>
コメント
いや、ええと思う。
裏の筋のGRプリンちゃん、12歳からずっと癌を持ってるけど(もうじき14歳ね)
毎日元気に散歩行ってるし、おやつくれ~ってうちに遊びに来るよ。
積極的治療はいっさいしないって。
私もPママやプリンちゃんの飼い主さんの立場だったら同じ様にするだろうなあ。
んで、今は鼻血はどう?
止まってきた?
【2010/05/10 21:56】 | ゆめ鼓 #u2lyCPR2 | [edit]
うん…とワタシもP太郎ママさんの考えに共感!
たぶん、ワタシも立場が同じだったら同じ判断をすると思う(ー_ー)

痛いの~!と気分悪ぅ~!のこの二つは取り除いてやりたいなぁv-388です。
【2010/05/10 22:04】 | タロママ #fGAXUoHU | [edit]
私も同じ考えです。

去年のひなのとき、あれこれやっていわゆる「最善を尽くす」ことで、犬の体力を奪い、とりあえず心臓が動いている状態を長くするより、短くても元気なほうが、犬らしい、うちの子らしい、そして楽しいって思いました。

Pちゃんらしく、楽しくイヤシで。
【2010/05/10 22:27】 | ゆか #- | [edit]
わたしも、Pちゃんママと同じようにすると思う。
っていうか、そういうふうに決断できる飼い主でありたいなって理想があるの。
痛いのは生きる力を削いでしまいそうだから、痛いのはナシで。
そしてPちゃんはPちゃんらしく、まだまだ楽しく過ごしていこう。
共存上等で♪
【2010/05/10 22:42】 | masumi #OzeG1keE | [edit]
私もです。
手術は肉体的にも精神的にも爺ィには負担が大きいですもの。
痛いと苦しいを少なくする薬だけで、あとは美味しいものをいっぱい食べさせてやって、できるだけ一緒にいてやることを選びます。

Pちゃんにはいっぱいのファンがいて
みんなが応援してるから
きっと大丈夫!また元気になってイヤシを発揮してくれると信じていますよ。
元気の気をたっくさん送りますからね!
P太郎ママさん、Pちゃん、がんばれ~!!
【2010/05/10 22:44】 | せんこめ #- | [edit]
私も同じくです。
先代の猫が14歳で腎臓煩った時、注射器型のでお薬のませるのに二人掛かりだった。
ちびっちゃうほど怖がってるのに、何やってんだろう私って?って考えました。
痛いのも怖いのも良いわけないって。
それから投薬をやめました。
のんびりまったりにゃんこに合わせて暮らそうって。

今のPママの判断を支持するし、この先変わったとしても支持します。
だって、Pちゃんのことを一番分かっているのだもの。

キンピかのちゃんちゃんこを着たPちゃんを、すっごく楽しみにしています♪

お耳ぱたぱたして笑って走ってるPちゃん、枝をかじってるPちゃん、さいこーですね!
私もこんなふうにジェリーを爺さんにしてやりたいと思います。

ところで、キンピカの生地はもう用意されましたか?つい最近、キンピカ布をを探しまくって良いものを見つけたので、もしまだだったらご紹介しまっす♪

Pちゃん、いっぱい笑って15歳を迎えてね!
【2010/05/10 23:10】 | トム #- | [edit]
あ~もう何てコメントしたらよいのか迷ってるうちに、この記事!
P太郎ママさんはやっぱり凄いっ。
Pちゃんは幸せだ~~~絶対に♪
共存共栄言ってもよかったですよ~それが通じない獣医さんなんてポイッ^^;
そうだそうだ~腫瘍じゃないかもしれないし、
Pちゃんは絶対15歳迎えられるって信じてます!
応援してます~Pちゃん、ママさんファイトォ~!!
【2010/05/10 23:10】 | りこママ #95MZykD6 | [edit]
ああ、号泣。
Pママ、ブラボー!
PたんとPママにはいつもいろんなことを教えてもらっている。
私もそういう飼い主になりたい。

Pたんのためにその決断をしたのなら
それは絶対に間違っていない。
いろんなことを含めて一緒に生きていく。
きれいごとかもしれないけど、いいじゃんか。
甘いかもしれない?
いいや、そんなこたあない。
腫瘍って決まったわけじゃないけど
知らないことが強みになることがある。

大丈夫!
だってPたんだもん。
【2010/05/10 23:13】 | Apimama #UbCtKfmc | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/10 23:17】 | # | [edit]
今朝はややこしいことしてごめんね。

今はPちゃん落ち着いてるのかな。
私も今のPままさんの立場なら同じ結論だと思う。
CTを撮るにも全身麻酔だもん。
15歳直前のPちゃんにとったら、あまりにも負担が大きいよね。

大丈夫、もし腫瘍だとしても年齢が高い分進行も遅いだろうし、
今までのようにのんびりまったりの生活を続けていけるよ、きっとね。

食べたいもの、美味しいもの、いっぱいいっぱいうまうまして、
堂々15歳のゴールデンを病院の先生にみせてあげてよ。
そして、まだまだずっとずっとみんなの憧れのPちゃんでいてよね。
【2010/05/10 23:18】 | ななんず #wrB61YYk | [edit]
CT撮る為の全身麻酔が心配なので、
私も共存共栄目指すと思います。

それに、癌があってもきっとP太郎君の笑顔に負けちゃいますよ♪

パクと一緒に免疫治療のお薬吸い込む(≧m≦)?
お鼻なら通り道なのでばっちり効くかも知れないですよv-22
【2010/05/10 23:36】 | パクママ #- | [edit]
ゆったりのんびり過ごしていく。
病気と闘うんじゃなくて、共存していく。

Pたんのこと一番よく解っているPママが決めたことだもの。
それで正解だと思うよ~。

Pたん、今日は元気にお散歩しているんだね。
お耳がぴょんこぴょんこしているPたん
好物の枝をがしがししているPたん
両方ともイイお顔♪

きっときっと15歳のPたんを獣医さんに見せてあげれるよ!
【2010/05/10 23:46】 | しゃん #o/PXu/q6 | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/10 23:52】 | # | [edit]
立派な決断だと思うよ。
Pちゃんの幸せを一番に考えての決断だもの。
お散歩に行けて、枝をガリガリ、石をふんが~~って咥えて、お昼寝して、そして何よりおいしいご飯が食べれればPちゃんは幸せだよね。

この先の事考えれば病気であってもなくても不安はいっぱいあると思うけど、心がくじけそうになる時もあるかも知れないけど、でもみんなが応援してるからね!!

ぶっちぎりで15歳むかえようよね!
【2010/05/11 00:09】 | じょんモカ母 #TgHJ0Vwc | [edit]
私もそうするかな?
まだまだ若かったら別やけど
飼い主がいちばん近くで見ててよう判ってる事やからなあ。
まあ悪い病気と決まった訳でもないねんししんどなかったらそれが一番やと思う。
しかしもうすぐ15歳には見えんくらい綺麗やでPちゃん。
まだまだ何があっても免疫てんこもりで何とのう大丈夫な気がする。
うちのあたりも15歳ごるけっこういてるけどこんな若々しくないもん。
なんか責任のないお気楽な意見ですみません。
【2010/05/11 00:21】 | おさる #/tLTQnTI | [edit]
Pママ~偉い!!
そうでなきゃ~Pちゃんの母さんじゃないよ。
バディキュンも同感だよ。
まだ、バディーは13歳で若いけど(?)
もし今、癌が見つかっても、共存するよ。
バディーは病院大嫌いだから入院なんか絶対にできないし、入院するだけで死んじまうよ。
自分ちで安心して、父さん母さんと一緒に
美味しいもん食っていた方が、よっぽど幸せっちゅ~もんよ。
Pちゃんだって、おうちが一番よね。
父さんのパン見つめていれば、鼻血ぶ~なんか止まっちゃうよ。

金色のちゃんちゃんこ、絶対に着ようね。
もちろんバディーだって、オーダーメイドでお願いしちゃいますからね♪
【2010/05/11 00:41】 | バディキュン #C4d39hMk | [edit]
その後、P太郎クンの鼻血は止まってればいいんだけど、いかがですか?

鼻血は、原因が気にかかって心配なこともあるけど、
なにより後始末って大仕事だよね。
人間のように脱脂綿を鼻に詰められないから、流れるに任せなきゃない。
おまけに鼻血が出ると、ヘラもやめろって言ってもフムッ!と大きく鼻から息を吐いて、血を飛び散らしちゃうのよね。
ほんと、鼻血が透明だったらいいのにと思ったわよ、ヘラの時には。

絨毯や壁の拭き取りには、私もオレンジx使いました。
と、洗いやすい、あまり厚手じゃないマルチカバーを敷き詰めた。
これなら漂白剤を使って、洗濯機で洗えるからき、だいぶ後始末が楽になりました。
といっても、ヘラはあまり動き回らなかったから、カバーが有効だったのかもしれないけど。

P太郎クン、Pママさん、良い季候になってきたし、きっと乗り越えられるよ。
15回目の誕生日が目前じゃん!
【2010/05/11 00:42】 | ヘラの母 #- | [edit]
私もそうすると思うよ。
病院で時間かかって疲れるより、家でのんびり昼寝したりママのおやつ狙ったりしている方が幸せなんじゃない。
Pちゃんを一番知ってて、一番愛してるママが決めた事だもん。
鼻血が止まって、ゆるりと過ごせますように。

【2010/05/11 00:53】 | ミア #SVqLzQOU | [edit]
う~~ん。色々と書こうと思いましたが…

びっきに腫瘍が見つかってから、ぶっちゃけ年は何歳でもいいと思っています。
ただ、死因は発作ではなくて老衰であってほしい!それだけです。
老いた腫瘍がグズグズしているうちに、心臓のがだんだん弱ってきて、お昼寝しているうちに間違って止まっちゃう…
そんなのを切に願っています。

あ、何歳でもいいって書きましたが、15歳は決定です。15歳はなれます。お互いに。

腫瘍って、シュヨウって聞くだけでも怖いですよね。
でも大丈夫!
うちなんて、腫瘍は腫瘍でも脳腫瘍なんですからっ!!
生命維持機能すべてを司る脳に腫瘍ができてるんですからっ!
それでも、今までと変わりなく元気に過ごしています。

Pちゃんの鼻血の原因が腫瘍であったとしても、14歳の腫瘍はこんな程度ですから大丈夫!!
大丈夫!大丈夫っっ!!!

Pちゃん、まだまだ元気にお散歩たのしもうねっ!!!

【2010/05/11 01:12】 | ゆ~ #- | [edit]
Pままさん。
思いは色々と思います。
PままさんもPパパさんも体調に気をつけて。
Pちゃんずっと楽しくすこやかにと全国のPちゃんファンが思ってるよ~
楽しく過ごして免疫NK細胞UP↑UP↑
耳ぴょんも、枝でえいやーのPちゃんもホントにぷりちぃ!(o'∀'人)
【2010/05/11 02:06】 | ちゃぼまま #XnHKchnc | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 07:21】 | # | [edit]
アタシも同じだな。
現にラナの時、病院に電話はしたけど連れていかなかった。
飼い主が一番犬の事(思い)をわかっているはず。
結局ラナは何が原因だったのかわからんけど、そんなのどうでも良かった。
一緒にいれる時間は短いであろうと思ったから病院へ行く時間がもったいなかった。
ラナは原因を調べて、治療したいとは言ってなかった。たぶん。

その場、その時に考えればいいと思うよ。
それが当たり前だよ。
どういう風にしても正解も間違いもないと思うから。

Pちゃんとみんなが幸せなのが一番!
【2010/05/11 07:49】 | ばせ子 #co9xvPLk | [edit]
うちも同じようにすると思います。
アンジーは術後、転移チェックのレントゲン撮ったり抗がん剤治療したりって一切してません!
病院や獣医さんは好きだけど診察室が大嫌いだし。
断脚手術だって痛みを取ってあげるための処置でした。
断脚しなければ3ヶ月、断脚しても半年って言われたけど余命を伸ばしたくて断脚したんじゃなくて今の痛みを取ってあげたいって思いで決断しました。
もし同じ余命半年なら痛いままよりも、ちょっと不自由でもニコニコの半年がいいって。
痛みが無くなったことでアンジーは以前と変わらず普通~に暮らしてます。
でもこれは9才で他の足に異常がなかったから出来たこと。
もしアンジーが10才超えてたら違う決断をしてたかもしれないし…

って、Pちゃんは腫瘍とは限らないし
身体の負担を考えたら最善の決断だと思います。

走ってるPちゃんやプレスリーなPちゃんがもっと沢山見られますように!
しっかし全国のPちゃんファンの多さにビックリ!
でもその一員になれて嬉しいな♪
【2010/05/11 08:04】 | kyoro #NgaSawww | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 09:09】 | # | [edit]
Pママの選択間違ってないと思います。
私ならそうしてるよ。
アンデイの心臓発作の時はまだ10歳だったし何が何でもまだ逝かないでって思いだったけど。
発作から最期の2カ月は本当に至福の時だったの。
どうしてって思われるかも知れないけど大切に大切に単調な日々を送ることがこんなに幸せなのって気持ちでした。
だからそれが終結した時は満足感と寂しさとが相反して涙ぽろぽろでもアンデイは虹の橋のたもとで待ってるわ!って思えてどん底までは落ちませんでした。
そしてそんな時にPちゃんを知ったんだもの・・・
ありがとうの思いでいっぱいです。
だからPママも充実したPちゃんとの日々を送ってほしいな。
【2010/05/11 09:43】 | まろまま #- | [edit]
おはようございます。
Pちゃん大変だったんですね(><)
もう鼻血は止まったのかな。

P太郎ママさんの決断は正しいとおもいます。Pちゃんもきっとそう望んでいると思います。

さくらが日曜から左目も見えなくなりましたv-406

まだ回復の可能性が少しは残されているようなのですが・・。

この2日間めちゃくちゃへこみましたが、Pちゃんもがんばってるんだ、さくらとママもがんばろうとおもいました。

何を書いていいのかわかりませんが、Pちゃんが毎日をニコニコ、ウマウマですごせるよう祈っています。
【2010/05/11 10:08】 | さくらま #- | [edit]
私も同じ考えです。ケンケンの時も、そうしてきました。   以前のPママさんの海へ行った時のブログが私は忘れられません。長く生きることがいいんじゃない。Pちゃんらしく生きること。それが大切。その通りだと思いました。   検査や治療をして、このかわいいPちゃんの笑顔が保てるとは思えません。痛みや不快を取り除く努力だけでPちゃんは充分幸せだと思います。
【2010/05/11 10:19】 | KHママ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 10:24】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 10:36】 | # | [edit]
Pちゃん大変でしたね。Pちゃんママの選択は間違ってないと私も思います!
楽しい時間を共に過ごして下さい。お借りした還暦の衣装届きました!
【2010/05/11 10:55】 | nonmama #0VNbVn2Y | [edit]
偉い!
それでこそPママだ
私は医者にいわれるまま
抗がん剤治療で 延命を願ったけど
弱る一方で旅立たせてしまいました
同じ頃 途中で抗がん剤をやめ 東洋医学で気功やら温灸やらしてるお友達のほうはまだ頑張ってます。
わたしは勉強不足でがめだめ飼い主だったけど・・・
PちゃんにはPママ付いてるから大丈夫だね。
これからものんび~りワンライフ楽しんでくださいね
【2010/05/11 10:57】 | クレバニの母 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 10:59】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 11:26】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 11:27】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 12:56】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 13:23】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 15:22】 | # | [edit]
Pママ~その後のPたんの鼻血はどうですか?食欲はある?
私も迷うけれどPママと同じことすると思う。若くなくてもうすぐ15歳だよ。おいしいうまうまと毎日痛みがなく過ごせたら幸せだよね。何よりPママとパパが側で一緒にいてれるんだからPたんにとってPママが決めたことが一番いいことだよ。
ラブ友くまちゃんの家に行くと床に洗えるマルチシートが敷き詰めてありクマの周りにはやはり洗濯の利くシートをその上に敷いている。気楽に洗えて汚れも中々取れないよりもいいって。私も将来はまねしようと思っている。
絶対に大丈夫だよ。Pたんくらいにこんなに愛されて心配される犬はいないと思う。
15歳になるんだよ。Pママ~みんなでお祝いだね。
【2010/05/11 15:30】 | ベンのママ #5B3mG4aQ | [edit]
P太郎ママさんの決断、全然間違っていないと思います。どのような選択でもきっと間違いはないです、いや、ないと思いたい。
果たして我家が同じ状況であったとき、同じように冷静な判断を下せるか?正直自信はありません。でもP太郎ママさんのように冷静に判断できる自分でありたいと思っています。

我家の先代(実家のゴル)、9歳で腫瘍が見付かり、すぐに手術に踏み切りましたが、手術後2週間の命しか残されていませんでした。今となってもあの時、にっくき癌を取り除くことに集中しすぎて、癌と共存する可能性を調べなかった事が悔やまれます。

Pちゃんの15歳誕生日皆応援してます。
きっと大丈夫!
【2010/05/11 15:38】 | 伽羅ママ #JalddpaA | [edit]
P君鼻血はもう止まった?
大丈夫?
Pママさんの決断、良いと思います。
ウチの先代犬のガンが分かった時も同じように決断しました。
(でも、ちょっとだけ後悔も残っていたりもするんだけれど・・・・)
QOLを考えると良かったと思っています。
P君!!!!!15歳のお誕生日お祝いしましょうね~☆
【2010/05/11 16:50】 | スニ #E/YUxcsg | [edit]
ああ、本当に、私でも同じ決断をすると思います。
治療の意味が分かってくれるなら治療してもいいのだろうけど、無理だものね。
でも、自分でもそうするかもしれない。
苦しい思いや痛い思いしてまで長生きしたくないもの。

そういえば、うちの爺様、90歳で余命半年といわれて95歳までお酒かっくらって元気でした。
ゆっくりゆっくり時間が過ぎてくれることをお祈りしています/
【2010/05/11 18:17】 | zephyrmama #WzbCUW72 | [edit]
CTは全身麻酔だもんねぇ。
それだけでも怖いよね。
Pママは知りたくないってのもある?
それとも知りたい?
抗がん剤や外科手術や放射線は
体に少なからず負担がかかる積極的西洋医学治療だけど
東洋医学やらホリスティック医療やらも腫瘍の場合色々あると思う。
漢方とかハーブとか。Dフラクションとかね。勿論効いてるのかは全くわかんないんだけど。免疫療法も然り。
その辺はどうだろう?
【2010/05/11 18:29】 | すみ #4E4.PPqE | [edit]
うん。
Pママさんの思うとおりにして良いと思います。
ウチの前の子は9才の時に手術するかどうか悩んで結局やめました。
体力的にちょっとって感じだったので「もう痛い思いはさせたくない」って旦那の意見でした。
あの選択は正しかったんだろうかって…後から何度も思いましたけどね…
きっと、どっちを選んでもそう考えるんだと思います…しょうがないですよね。

なんにしても、PちゃんとPママさんパパさんとの時間ができるだけゆ~っくり穏やかに流れてくれますように♪
そしてむちゃくちゃ可愛いPちゃんのお顔…これからもいっぱい見せてくださいませ(^^)
【2010/05/11 19:07】 | mimin #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 20:43】 | # | [edit]
自分も西洋医学の信者でした。
ワンが若い頃はなにかあればメスをいれてました。。。
でも、最近。
変わりました。
ごんままさんとまさに同感です、、、
やれ健診だ、
やれドックだっていうけど、、、
その先、どうするの??
ってカンジです。
イイように想像して、明るく、楽しく暮らすほうが、いいようにおもいます。
【2010/05/11 21:40】 | alice #/VScFFd2 | [edit]
きゃーーーー!!
↑ごめんなさい。
Pちゃんママさんをごんままっていっちゃった。。。慌ててかいてまちがっちゃいました。。
【2010/05/11 21:43】 | alice #/VScFFd2 | [edit]
ワタシも大賛成!
どんな選択をしようとも、家族がわんこを思って決めた事に、良いも悪いもないと思いますよ。
必死な想いはみんな同じ。
治療するにしても、西洋医学が合う子もいれば東洋医学が合う子もいるしね。

ミルちも結局原因分からずだし。
本当はもう1回MRIを撮って、調べる方がベターなんだけど、現状で満足している中、また麻酔をかけるのもコワイので、現状維持です。
完治しているなら良し、何かがあっても結局治療法は変わらずだし・・・。

どこかで冷静に線引きする事も必要ですよね。
【2010/05/12 00:30】 | ウっち&ミルママ #kKFqJh/. | [edit]
Pちゃんママに賛成です!

ウチも先代犬(初めてのわん・シェパ)の病気の時にも 悩みに悩んで Pちゃんママと同じような考えになりました

私の犬に対してのあまりにもの無知さを反省し、今回(ムックとバニラ)の犬育ては後悔のないようたどり着いたのがPちゃんママのページでした

Pちゃんの笑顔でママが幸せに・・
ママの笑顔でPちゃんがしあわせに…

ママとパパの考え方 素敵です

毎日たっぷり楽しんでください
そのおすそ分けを楽しみにしております(*^_^*)


【2010/05/12 00:32】 | ムックママ #- | [edit]
★ゆめさん
止まった、たぶん完全に。
止血剤飲んでるから(今日まで)、そのせいかもしれないけど。
今朝は、おもちゃ持ってきて綿出したりしているから、気分いいんだと思う。
(健康バロメーターが、泣けるじゃないか・・・)
薬やめても、もう大丈夫だと思うよ。

そうか、積極的治療なしでものんびり生きてる子がいるんだね。
Pちゃんもそうなってくれるといいんだけどな~。
【2010/05/12 09:00】 | P太郎ママ #- | [edit]
★タロママさん
ありがとう!
きっぱり決断したわけじゃないんだけどね。
もし、もう少し元気になってきたら、手術なんかも考えちゃうかも・・・。
または、あまり酷くなっても考えちゃう?
でも、今のところは・・・。
揺れる飼い主。
【2010/05/12 09:01】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ゆかさん
そうか、そうだったねえ。
その後、ひなちゃんの調子はどう?
ブログでは、つつがなくお暮らしのようだけど・・・あいかわらず姫で。
成功事例があると、勇気出るわ。
【2010/05/12 09:03】 | P太郎ママ #- | [edit]
★masumiさん
まだ揺れているけどね~。
手術して成功すれば20歳まで生きる力を持っているかも。
そのチャンスをアタシが潰そうとしているのかも~って。
でも、なにを選んでも迷うんだよね、きっと。
【2010/05/12 09:04】 | P太郎ママ #- | [edit]
★せんこめさん
ありがとう。
ほんとにね、非科学的な話かもしれないけど、こうして応援してもらってるパワーって、薬よりも力になっている気がするんだよね~。
元気の気、頼りにしてるね!

イヤシは、復活しているよ。(というか、ブーの時もイヤシだった・・・)
うれしいのかどうか、びみょ~だよ・・・。
【2010/05/12 09:06】 | P太郎ママ #- | [edit]
★トムさん
そうか、にゃんこさん、まったり暮らせて幸せだったね。
でも、力ずくで給餌され続けたとしても、トムさんの愛情は結局は、にゃんこさんに伝わったと思うけどね。
愛があれば、方法はどれでも正解なんだよね、きっと。

金の生地?教えて~~。
地元の生地店の「演劇コーナー」(幼稚園ママ御用達)に、何種類かあるんだけど、縫いにくそうなんだよね・・。
まあ、ちゃんちゃんこなんて、四角く縫うだけだけど。
あ、でも、帽子が~~~!
ほつれてくる布や滑らない布だと、アタシの腕では無理・・。
【2010/05/12 09:11】 | P太郎ママ #- | [edit]
★りこさん
すごくないよ。
まだ迷っているしね~。
どっちを選んでも後悔しそうなんだよね。(←ネガティブ性格)
迷い抜いて選択した答は、何であっても正解だとは思うんだけど。
今度は、アタシは本当にPちゃんのことを考えているんだろうか・・・人間の都合を優先しているだけじゃないか・・・ってギワクも。
ううう~ん。

ほんと、共存共栄できたらいいんだけどねえ。
【2010/05/12 09:15】 | P太郎ママ #- | [edit]
★apimama
こちこそ、apimamaには、本当にたくさんのパワーと勇気と元気をもらっている。
ありがとう。
知らないことが強みになることもある。
そうだよね。
その言葉、迷っているアタシを後押ししてくれたよ。
ほんとうに、いつもありがとね。
【2010/05/12 09:18】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Cさん
そうですか、同じ選択をされたんですね。
正しいのかどうか、私は、まだ自信がありません。
でも、人間と違って、犬はなぜそんなことをするのか(検査・手術・入院)理解できないから、見捨てられたような気分になるのかもしれませんね。
それでも、完治が約束されているなら、思い切ってしまうんですが。
Cさんは、Rちゃんの希望を感じ取れたのですね。
Pちゃんは、なにを望んでいるのかな。
私は、Pちゃんの気持ちを理解できているのかどうか、これまた自信がありません。
でも・・・今は、これが正しいと信じたいと思っています。
一緒に生きていけたら、いいですね。
Rちゃんんも、Pちゃんも、おだやかな日を過ごさせたいですね。
【2010/05/12 09:23】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ななんずさん
ナナちゃん、あんずちゃんは、しっかりと治療してもらってるでしょ。
いつも、すごいなあと思っていたんだよ。
アタシにそこまでできるかなあって。
だから、何もしないことにした後ろめたさは、ある。
あんずちゃんのように、きちんと手術してやったら、まだまだ長生きするのかもしれないって思う。
でも、その一方で怖さもあるし~。
迷う。
でも、とりあえずは15歳。
そうそう、爺は腫瘍があったとしても、そう急激に進行はしないだろうから。
1ヶ月くらいは軽々クリアだよね!
【2010/05/12 22:16】 | P太郎ママ #- | [edit]
★パクママさん
パクちゃんは、鼻から吸い込む治療なの?
そうか~~、効きそう。
P県には、そういう獣医さんは、ないみたいなの。(田舎だからねえ)
もっと範囲を広げれば、探せると思うけど。
探してみようかなあ・・・・。
【2010/05/12 22:19】 | P太郎ママ #- | [edit]
★しゃんさん
メール、返事もせずごめんね~。
ありがとね、いろいろ調べてくれて。
そろそろ、きちんと考えなくちゃイカンね・・・。

決めたけど、迷っている。
ほんとに、Pちゃんのことをわかっているかどうか。
医学的判断は、飼い主より獣医の方が正しく判断できるだろうし。
勝手に、無理なんて決めつけるのは、Pちゃんの可能性を潰すことになるんじゃないか・・。
う~~~ん。
たぶん、どっちに決めても迷うんだよね。
自信が持てるといいんだけど。
【2010/05/12 22:23】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Tさん
う~ん。
アタシは、決まっているとは思わない。思いたくない。
全部決まっているなら、生きるってなに?
シナリオなんて、いらない。

英断なんかじゃないよ。
迷っている。
でも、迷っていることに意味があって欲しい。

【2010/05/12 22:27】 | P太郎ママ #- | [edit]
★じょんモカ母さん
もう心がくじけそうだよ~~。
もし、また今度ブ~~したら、めちゃくちゃ後悔しそう。

応援ありがとう。
とりあえず、誕生日はクリアできそうな気がする。
ふふふ。
遊んで昼寝して食って。
犬は気楽だね~~。(いや、アタシの生活もまったく同じじゃん!)
【2010/05/12 22:29】 | P太郎ママ #- | [edit]
★おさるさん
うん、アタシも10歳前だったら放置なんて、考えられない。
12歳でも、思い切ったと思う。
とにかく、検査だけでもね。
だったら、なんで今は、何もしないんだろう。
トシヨリだから死んでも仕方ないって思ってるんだろうか、アタシ。
とかなんとか。
けっこうネガティブ方向に落ちていくこともある・・・。
どう決めるにしても、飼い主がしっかりしとらなアカンのに。
何年やっても、なかなか、立派な飼い主にはなれんねえ。
【2010/05/12 22:33】 | P太郎ママ #- | [edit]
★バディキュンさん
えらくない。迷いっぱなしだもん。
バディさんは、医者嫌いか~~。
Pちゃんは、その点は大丈夫かも。
一番最初にかかっていた獣医が、診察終わりに必ずオヤツくれたんだよね~。
今は、そこにはかかってないし、今のとこは、オヤツくれたことなんかないんだけど、Pちゃんは、獣医はウマウマなところと思っているフシがある。
お気楽なやっちゃ~~。

金のちゃんちゃんこね。準備はじめなくちゃ。
いい生地を紹介してもらったんだ~。
もちろん、バディさんにも作らせてもらうからね!(今度は、綿の厚さに注意するわ・・)
【2010/05/12 22:37】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ヘラ母さん
そうか、ヘラちゃんも鼻血で苦しんだのか~。
吹き飛ばすよね!
頭プルプルもするし~~。
風呂上がりの時にも、プルプルは迷惑だと思っていたけど、鼻血とは比較にならんね!
オレンジXがいいのね。常備しておこう。(←いや、それは不吉か?)
使い捨てシートを教えてもらったので、そっちも準備しておこうかと。
でも、Pちゃんは、歩き回るんだよね~~。
それだけの元気があることを喜ぶべきなんだろうけど。
いくら狭いP家でも、家中に敷くのはなあ・・・。
【2010/05/12 22:41】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ミアさん
ありがとう。
きちんと看取った人からそう言ってもらえると、ちょっとホッとする。
愛しているのは、たぶん(おいおい)間違いないけど、ほんとにわかっているのかな、Pちゃんのこと。
獣医に判断任せた方がいいんじゃないかと、迷う気持ちは消えない。
【2010/05/12 22:43】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ゆ~さん
そうだよね、びきたんは脳腫瘍だった。
あまりに普通に過ごしているから、忘れちゃうくらいだよ。
アタシもね~、ゆ~さんと同じ考え。
もうここまで長生きしたら、あとは、長さよりも質が問題。
病気があろうとなかろうと、この先、そうそう長く生きられるとも思えない。
(そりゃ、20歳になる子だっているだろうけどね)
それより、楽しく暮らして静かに逝かせてやりたいよ~~!
もちろん、15歳は絶対の目標だけどね。
病気のことで心配したり、悲しんだり、治療に時間使ったりしたくない。
あがいても、あがかなくても、残された時間に大差がないなら・・・。
大差ないかどうかわかんないけど。
寝てる間に静かに逝けたらいいね~。
寝てると思ったら、死んでたよ。
これ、理想だよね!!!!
【2010/05/16 09:00】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ちゃぼままさん
楽しく過ごしたいですよね~。
そのためには、痛みや不快はとってやらなくちゃ。
犬は、どのみち病名も余命宣告も、全然関係ない。
飼い主の気持ちだけの問題なんですよね・・・・。
【2010/05/16 09:01】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Nさん
お返事遅くなってゴメンナサイ!
Nちゃんの14歳、おめでとうございます!!!
無事にこの日を迎えられたのは、Nさんの愛情と努力のたまものですね。
きちんと治療したからこそ、余命宣告をおおきく延長することができているんですものね。
う~~。
やっぱり、私は、Pちゃんの未来を摘み取っているのかも・・・。
なにかを選択するのは、難しいですね。
Pちゃんのためを思う気持ちにウソはないと思うのですが・・・
迷います。
迷っている間に、時間切れになってしまいそう・・・。

Nちゃん、これからも元気な日々が続くとよいですね。
がんばれ~。
【2010/05/16 09:06】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ばせ子さん
そうだね、正解はないんだろうと思う。
いや、あるんだろうけど、どれが正解かは神様しか知らないんだもんね。
治療することで後悔するかもしれないし、放置して後悔するかもしれない。
迷うよ~~。
アタシは、ばせこさんみたいに、きっぱり決めることはできそうもない。
今度鼻血ぶーがあったら、激しく後悔しそう。
いきなり決意をかえて、手術だなんだと走り回っちゃうかも~。
そして、その結果、また後悔しちゃうかも~~。
ああ、どんだけマイナス思考なんだ、アタシ!
【2010/05/16 09:09】 | P太郎ママ #- | [edit]
★kyoroさん
アンジーちゃん、痛みから解放されてよかったですね!
私も、手術することで痛みがなくなるなら、今からでも手術します。
それで手術中に命を落としても、その場合は後悔しません。
もう14年も一緒にいてくれました。
痛い、苦しい思いをさせてまで、手元に置いておこうとは思いません。
アンジーちゃんは、手術うまくいったのですね。
痛みがなくなって、毎日が快適だから、きっとまだまだ長生きできますね~。
kyoroさんのように正しい選択ができるとよいのですが。
【2010/05/16 09:14】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Tさん
Hちゃんの誕生日も来月なのですね~!
HちゃんもPちゃんも、無事お祝いしたいですね。
神様、頼むよ~。
たぶん、何を決めても、飼い主が迷って考えて出した結論は正解なのです。
問題は、私が自信を持てず、決めきれないことです。
ぐらぐら~~。
迷っています、Pたんごめん!
【2010/05/16 09:16】 | P太郎ママ #- | [edit]
★まろままさん
至福の時ですか・・・すごいですね。
私も、そうなれるといいのですが。
未熟な飼い主としては、最後まで泣いてすがって、迷って、後悔し続けてしまいそう。
そうなったら、誰よりPちゃんが不幸ですよね~。
犬はすべてを飼い主にゆだねているのだから、飼い主がしっかりせねば!
それがいつにせよ、必ず送り出す日は来るのですもんね。

【2010/05/16 09:20】 | P太郎ママ #- | [edit]
★さくらまさん
ご自分の方がおつらいときに、Pちゃんの応援、ありがとうございます。
さくらちゃんのこと、ほんとうに、ほんとうにおつらいでしょう。
少しでも視力が回復するように祈っています。
そして、これからも、ゆったりとした時間が過ごせますように。
さくらちゃん、がんばれ~。
【2010/05/16 09:22】 | P太郎ママ #- | [edit]
★KHママさん
ありがとう。
今でもその考えは変わっていません。
でも、手術や治療をしてもPちゃんらしく生きることは可能かもしれません。
実際、そうして病気を乗り越えている子も、共存している子もいるのだから。
私は、ただ自分がコワイばかりに、現実から目を背けようとしているだけかもしれません。
ほんとうに、Pちゃんのためになることって、なんなんだろう・・・。
【2010/05/16 09:26】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Aさん
ありがとうございます。
Aさんのコメント、胸に染みました。
そうです。ホントに迷ってばかりです。たぶん、どう決めても後悔します。
それで当たり前なんですね。
ちょっと、心が軽くなりました。
きっと、皆さんそうやって、たくさんのものを選んだり捨てたりしながら生きているんですよね。
何一つ後悔しないなんて、ありえませんね。
よくよく考えます。
きっと、どっちにしても後悔するんだろうけど、それでも、考え抜いた結論なのだということくらいは自信が持てるように。
【2010/05/16 09:31】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Nさん
ありがとう!
そうですね、笑顔が最高の薬だよね!
【2010/05/16 09:32】 | P太郎ママ #- | [edit]
★nonmamaさん
ありがとう。
nonmamaさんも、ノンちゃんのお誕生日、楽しんでくださいね~。
【2010/05/16 09:33】 | P太郎ママ #- | [edit]
★クレバニの母さん
それは違います!
クレバニ母さんが間違っていたわけじゃないです。
手術で延命した子だってたくさんいます。
というより、割合でいえば、その方が多いはずです。
少なくとも、人間だったら、間違いなくそうです。
東洋医学など代替治療が効かなかった子だって、たくさんいるはずです。
どっちが正解かなんて、神様以外誰にもわかりません。
クレバニ母さんは、我が子のためを思って決断したんだもの。
治療していなかったら、もっと早く逝っていたかもしれないし、もっと苦しんでいたかもしれない。
自分を責めちゃダメです~~!!
【2010/05/16 09:38】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Vママさん
いえいえ、メールフォームもどんどん使ってくださいませ~。

歯周病の可能性は、獣医さんも真っ先に考えてくれました。
Pちゃん、長年石をかじってきたせいで、歯がすり減っていますし、チビのときに強い薬を使った影響らしく、もともと歯が十分に育っていないので。
手入れも悪くて、歯石もあるし~。
でも、歯の揺れなどは、まったくなくて、歯周病の可能性は低いそうです。
レントゲンをとれば(CTでも)はっきりするそうですが、たぶん違うといわれました。

でも、そんなに長く通院しなくちゃならないなんて、歯周病も大変なのですね。
はやくよくなりますように。
そして、VちゃんもPちゃんも、元気に15歳を迎えることができますように。

【2010/05/16 09:46】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Aママ
つらいこと思い出させてごめん。
血はイヤだね。
禍々しい。
こんなこと(ううん、もっと多かったんだよね)が何度も続いたなんて、ほんとうにつらかったね。
赤ちゃん用の鼻吸いと濡れタオルだね。
わかった。
教えてくれてありがとう。
祈ってくれてありがとう。
おかげで、今はもう全然平気みたいだよ。
このまま無事に過ごせるといいんだけど。
【2010/05/16 20:51】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ KのOさん
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
そうですか、同い年のハスキーちゃんがいるのですね。
おたがい、無事に15歳を祝いたいですね。
トシヨリに、いろんなことがあるのは、当たり前ですよね。
ここまで生かしてもらったことに感謝。
残された時間がどれだけかわかりませんが、精一杯頑張りましょう。
【2010/05/16 20:53】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ S母さん
ふふふ。S母さんとこは、黒汚れか。
まあ、部屋のアクセントと思えば、ね?OKだよね~!(ホントに?)

Sさんも薬やめちゃったのか~。
副作用は必ずあるもんねえ。
迷うよね。
どっちが正しいのか。
どっちも正しいんだろうけど。
とにかく、痛くないように苦しくないようにと願う。
SさんもPちゃんも。
私たちの選択が間違っていないことも。
【2010/05/16 20:56】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Bさん
はじめまして。
おつらい思い出まで書き込んでいただき、ありがとうございます。
脾臓の血管肉腫ですか。
あっという間に逝ってしまって、寂しかったですね。
飼い主としては、看病する時間も欲しいですよね。
でも、苦しまずにすんだことは、本犬にとってはよかったのかもしれません。
人間の医療でも、地方格差はあります。
犬の医療では、おそらく、もっとあるのでしょうね。
でも、それは仕方ないです。
Pちゃんには申し訳ないけれど、最高の医療を求めて大都市(とは限らないらしいですが)まで通院することは、P家には無理です。
私たちに可能な範囲でできることは、なんでもしてやりたいと思っています。
でも、それが無限ではなく有限であることも事実です。
ふがいない飼い主です。

【2010/05/16 21:06】 | P太郎ママ #- | [edit]
★鍵コメ Aさん 2度目の投稿
そうですか、貧血はすぐに起きるのではないのですね!
それじゃ、もしかして、今貧血になっている可能性もあるんでしょうか。
Pちゃんピンチです~。
さいわい、フィラリア検査がまだなので、その時に一緒に調べてもらうようにお願いしてみます。
大事な情報をありがとうございました。
貧血にはレバーですかねえ。
あまり与えないようにしているのですが、こんな時ですから、ちょっと解禁してみますね。

病院食は、粗食ですよね・・・。
私は入院したことはありませんが、家族のを見て、こりゃヒドイと思いました。
まあ、上げ膳据え膳なんだから、ちょっとくらい粗食でも我慢できるかもしれないけど~~。
【2010/05/16 21:10】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ベンのママさん
ありがとう。
今はすっかり元気です。
私も使い捨てのマルチシートを教えてもらって注文しました。
ただ、寝たきりになってしまった子には、便利だと思うけど、今のPちゃんは、まだ家中を歩き回るので、どう使っていいかわかりません。
家中に敷いておくわけにはいかないし。
特に玄関なんかは。
また鼻血が出たら、あわてて敷くしかないかなあ。
歩けるってことは、ありがたいんだけどね。

【2010/05/16 21:15】 | P太郎ママ #- | [edit]
★伽羅ママさん
全然冷静なんかじゃないです。
今も迷い続けています。
先代さん、9歳で逝ってしまったのですね。
手術直後というのは、おつらかったでしょうけど。
でも、伽羅ママさんが書いていらっしゃるとおり、どんな選択も間違いじゃないと思います。
先代さんは、手術したからこそ術後2週間も生きられたのだし、苦しみも少なくてすんだのだと思います。
手術しなければ・・・なんて思うのは、間違っています。
タイムマシンがあって、どっちの結果も確かめてくることが出来るのなら、迷わずにすむのにね。
それが出来ない以上は、選んだ方法が正しかったのです。

・・・と人には言えるけど。
やはり、そんな単純に割り切れませんよね。
どっちを選んでも後悔しちゃいそうです・・・・ああ、ほんと冷静になりたい!
【2010/05/16 21:20】 | P太郎ママ #- | [edit]
★スニさん
ありがとう~~。
そうか、先代さんのときは、手術しない選択をしたのね。
今、良かったと言えるなんて、すごい。うらやましい。
私もそう思えるように、よくよくよくよく迷って決めなきゃ。
でも、やっぱり、ちょっとは後悔もしちゃうよね~~。
それは、しょうがないよね、きっと。
【2010/05/16 21:23】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ゼファーママ
うん。Pちゃんが自分で選択してくれたら助かるんだけどなあ。
そしたら、何を選んだとしても、必ずのぞみはかなえてあげる。(うん、たぶん)
それなら、後悔も残らないんだけどねえ。
犬の場合は、飼い主が全部の責任を負うしかないんだよね。
う~ん。
正しい選択ができるんだろうか。

爺様、95歳はすごいね!
【2010/05/16 21:25】 | P太郎ママ #- | [edit]
★すみさん
う゛。
するどいところを突くね。
ほんというとね、知りたくない。
知るのが怖い。
いろんな治療法があることは、アポロちゃんの日記も読ませてもらってるし、本もいろいろ集めてるし、知ってはいる。
でもね。
もう15でしょ。
病気があってもなくても、残された時間は多くないと思うの。せいぜいあと1年くらい?
もし、ほんとうに腫瘍だったら、どんな治療をしたって、1年より短くなることはあっても、長くなることはないと思う。
だから、知りたくない。
アタシは、頭を砂に突っ込んだダチョウです。
そんなことをやっている間に、残された可能性を私自身が摘んでしまうかもしれない。それがわかっていても、砂から頭を出せないでいます。
情けない。
【2010/05/16 21:35】 | P太郎ママ #- | [edit]
★miminさん
ほんと、そうですよね。
どっちを選んでも、後悔は残りますよね。
手術して完治するなら、もちろんそれが最高だけど。
高齢になっての腫瘍でそれは、望めない。
痛くなく、苦しくなく、のんびり暮らせるには、どうしたらいいのかなあ。
神様が答を教えてくれたらいいのに。

応援ありがとう。
【2010/05/16 21:38】 | P太郎ママ #- | [edit]
★aliceさん
私は、今でも西洋医学の信者ですよ~。
病気があったら、手術するのが一番だと信じています。
何もしないなんて、ありえないです。
だけど、だけど、だけど~~。
ここまでトシをとってしまうと。
体力がどんどん下降していっているのが、毎日の生活で実感できているのに。
昨日できたことが今日できない。
そんなことが、いくつもあります。
こんな状態で手術なんて・・・・。
でも、私は医者でもなんでもない。
素人が、むやみに恐れているだけなのかも。
本当に無理なら、獣医がそう言うだろうし。
うううううん。
ほんと、難しいです。
おっしゃるように、明るく楽しく暮らしたい。ただそれだけなんですけどね。

名前なんかなんでも平気ですよ~。
なんなら、今だけ私ごんままです~。
【2010/05/16 21:44】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ウチミルままさん
ありがとう。
やっぱり、経験者の言葉は胸に響く。
それだけ、みなさん、つらい思いをしてきているんだよね。
迷っているの、私だけじゃないですよね。
みんな迷って、選択して、自信と後悔と両方感じていらっしゃるのでしょうね。
今まで、何もなくのほほんと過ごしてきたんだなあ、とあらためて感じます。
これで、やっと一人前の犬飼いかもしれません。
(いや、まだ選択できてないし~)
【2010/05/16 21:47】 | P太郎ママ #- | [edit]
★ムックママさん
誉めてくれてありがとう。
でも、私こそ、無知で馬鹿な飼い主です。
知らずにPちゃんをダメにするようなこと、いっぱいいっぱいやってきました。
(とくに、しつけ関係なんてダメダメじゃん~~)
もっと立派な飼い主に飼われていたら、もっともっと立派な名犬になっていたかもしれないのに。
それでも、一緒に過ごせて、うれしかった。
最後まで笑って過ごせるようにしたいです。
【2010/05/16 21:50】 | P太郎ママ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ptaro.blog28.fc2.com/tb.php/1192-ae5320b2
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。